音楽朗読劇 

凛音×天声


祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす。

奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

猛き者もついには滅びぬ、ひとへに風の前の塵におなじ。


(平家物語 序文)

<物 語>

平安時代末期。

かの源義経を凌ぐ軍才を発揮し、烈火の如く京の都に攻め上り、一時は天下を手中にした男──その名は木曽義仲。

平家にあらずんば人にあらず、と謳われた時代に奇跡ともいえる勝利を次々と重ね、平家滅亡の狼煙をあげたのがこの男である。

そんな義仲のかたわらには幼い頃より共に育った猛将、今井兼平。

史上最強の女武将として名高い、巴御前。

驕る平家に喧嘩を売った僧、覚明がいた。

都から遠く離れた山中で平家追討の志を掲げる4人。

この時、木曽義仲27歳。

戦の素人だった男が、何故たった4年で天下を手中にできたのか?

平家物語「木曽の最期」をベースに、教科書にも歴史書にもどこにも載っていない木曽義仲の知られざる姿を描く、音楽朗読劇を上演いたします。